H107RC XTREME アクションカメラレテ゛ィセット


※画像をクリックすると拡大できます
画像は実物と異なる場合もございますので、必ず品番をご確認ください。
メーカー都合による予告なしの仕様変更に伴い、形状、
付属品、色等の変更等が稀にございます。
また画像はあくまでも「商品イメージ」として掲載しております。
画像を理由に返品はお受付できませんので予めご了承ください。

メーカーHPへ

タイプ:
メーカー:ハイテック・マルチプレックス
メーカー
商品コード:
H107RC
自社コード:199054
定価:28,000円 (税別)
現金特価:18,800 (税別)
20,304 (税込)
割引率:32% OFF
通常価格19,840円 (税別)
21,428円 (税込)
在庫:
数量:
在庫状況
通販在庫名古屋店
1個0個
 

【商品の適合・仕様に関して】適合車種、対応機種、仕様等の情報が『商品説明』及び『商品名』に明記されていない場合は、お客様にて情報をお調べ頂いた上でご購入頂きますようお願い申し上げます
弊社では、原則メーカーより提供された情報を基に表記をさせて頂いております。稀に商品の詳細がメーカー側より提供されない場合がございますので、ご理解の程よろしくお願い申し上げます
この商品は限定商品扱いとさせて頂いており「通販在庫」が無くなり次第、ご購入ができなくなります。
商品確保のお約束ができないため店舗・メーカー取り寄せ対象外とさせて頂いております。

Xtremeにアクションカメラを搭載可能にできるセット!

<セット内容>
・88013RC RC EYE ONE XTREME RTF 定価¥25,000(税抜)
・89064RC XTREMEエアリアルキット 定価¥8,000(税抜)
・89074RC Xtreme ランディングレッグ(38mm) 定価¥2,300(税抜) 



■88013RC RC EYE ONE XTREME RTF 

RC EYE One Xtremeは全長わずか22.5cmの小型サイズながら
GoProカメラなどの多彩なアクションカメラがワンタッチで搭載可能です。
  ※ペイロード100g

アクションカメラを搭載できるマルチコプターとしては世界最小です。
  ※オプションのエアリアルキットが必要です。

<特徴>
・最高の安定性能
 超高性能の6軸センサーと高度センサーを装備し抜群の安定性能を発揮します。
 高度保持機能も装備し誰でも簡単に空撮を行えます。
・最高の運動性能
 パワフルなブラシレスモーターを採用しアクションカメラを搭載した状態でも運動性能は低下しません。
 たとえ強風下であってもXtremeは最高の安定性と運動性を発揮します。
 また、送信機のフリップボタンを押せば自動的にフリップ(宙返り)を行うことができ
 誰でも簡単に曲技飛行が可能です。
・安全設計
 万が一プロペラが障害物に接触した場合は安全装置が働きモーターが自動的に停止します。
 機体に方向指示用のLEDを装備し機体の方向を瞬時に判断可能!
 バッテリーの残量が低下するとLEDが点滅しオートカットが働きます。
・三つのフライトモード
 送信機のモードスイッチを押すことで
 <ビギナー>・<スポーツ>・<エキスパート>の3つのフライトモードを選択できます。
(ビギナー)モーターの出力を制御し屋内でゆっくりと飛行させることができ初心者の方に最適です。
(スポーツ)主に屋外でパワフルに飛行させたい場合やカメラを搭載するときに最適です。
(エキスパート)加速度センサーをOFFにすることでXtreme最高の運動性能を発揮します。

・『20018RC PPMコンバーター』を使用することで
 他社の受信機が使用可能となり他社の送信機での操縦が可能となります。!
※メーカー参考リンクのヤフーブログに掲載されておりますPPMコンバーターは商品に同梱されておりません。



<基本仕様>
・全長 225mm(プロペラを除く)
・全幅 225mm(プロペラを除く)
・全高 80mm
・ローター直径 138mm
・重量 157g(バッテリーを除く)
・送信機 2.4GHz 4ch
・バッテリー 7.4V 800mAh Li-Poバッテリー 
・モーター ブラシレス×4
・最大積載量 100g
・飛行時間※ 5〜7分
※バッテリーの状態により異なる場合があります。


<内容物>
RTFキット 飛行に必要なものはすべて付属
●RC EYE One Xtreme 
●プロペラ(138mm)
●LiPoバッテリー(800mAh) 
●2.4GHz コントローラ 
●USB LiPoバッテリー充電器 
●単4乾電池×2 
●スペアプロペラ×4( 黒×2, 赤×2)
●トリガーケーブル 
●PPMケーブル(PPM受信機接続用) 
●日本語取扱説明書
※トリガーケーブルは現在使用しません(2014年8月現在)

※Xtremeにアクションカメラを搭載するには
 オプションパーツ[Xtreme エアリアルキット]が必要になります。